カートをみる お得なポイント会員登録・ログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ

石見(いわみ)の国

東西に長い島根県は東部の「出雲(いずも)」、西部の「石見(いわみ)」、離島の「隠岐(おき)」の3つの国からなっています。近年、日本の原風景を今に残す「石見の国」に注目が集まっています。

津和野医光寺石見銀山石州瓦

日本最大の鉱山でありながら、環境保持に貢献したとして高く評価され、2007年7月に世界遺産登録された「石見銀山遺跡」。明治の文豪・森鴎外、啓蒙家・西周(にしあまね)を生んだ、山陰の小京都「津和野」。リズミカルで勇壮な伝統芸能を今に継ぐ「石見神楽」。石見人の匠の技が産んだ「石州(せきしゅう)和紙」「石州瓦」

素朴な町並みに息づく自然を愛する石見のこころ。伝統文化を今に伝え、古き良き日本の姿を見せる国が「石見の国」です。


「郷愁の汽笛 〜SLやまぐち号〜」

JR山口線(新山口〜益田)を走るSLやまぐち号は、昭和54年8月1日、旧小郡〜津和野で復活し、以来30年にわたり多くの人々を魅了し続けてきました。蒸気機関車「C57」はその優雅で気品ある姿から、通称「貴婦人」と呼ばれています。山口市内からほどなくして迎える仁保峠を越え、山陰の小京都・津和野に至るまで、ノスタルジックな客車を牽引しながら山あいに郷愁の汽笛を響かせます。

ページトップへ