カートをみる お得なポイント会員登録・ログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ

益田の町

萬福寺益田の風景

益田市は中世・鎌倉時代から戦国時代にかけて栄えた、城主・益田氏の城下町です。島根県の最西端の市で、津和野町、浜田市、山口県・萩市などに隣接し、県内最大の約10の1の面積を有しています。

農林・漁業が盛んな町で、美しい自然から育まれた農水産物はもとより、名所、史跡も数多く、訪れる人々を魅了します。

益田が誇る特産物は、「メロン」「ぶどう」「ゆず」「わさび」「トマト」「天然鮎」と実に多くの恵みを受け、全国的にも注目されています。

万葉の歌人・柿本人麻呂の生誕、終焉の地として、また画僧・雪舟の途留地として語り継がれ、歴史と情緒あふれる町としても知られています。

伝統の「石見神楽」社中も多く、文化・芸能の情報発信地、島根県芸術文化センター・「グラントワ」では毎週日曜日に夜神楽が定期公演されています。

自然の豊かさ、歴史の深さ、人のやさしさ。なつかしき日本の原風景を今に残すこころのふるさと、「益田」です。

ページトップへ